緑内障 手術 入院期間 入院日数

緑内障の手術で必要な入院期間や入院日数を教えて!

緑内障の手術を行うとした場合、どれくらいの入院期間や入院日数を見込んでおけば良いでしょうか。

 

もちろん個々人の病気の状態によって異なりますので一概には言えませんが、大体の目安を知っておいたほうが安心して手術に望めますね。

 

 

緑内障の手術で入院する場合、だいたい約3泊4日から10日間くらいの入院になるのが一般的なようです。

 

病院のパンフレットなどには、緑内障の手術による入院は7日から14日といった期間が掲載されていることが多いようですね。

 

もっとも、早く退院した人でも術後は毎日もしくは1日おきくらいに通院する必要がありますので、遠方に住んでいる場合は長く入院せざるを得ないでしょう。

 

また。術後の状態などによっても入院期間は延びる可能性があります。

 

 

緑内障の場合はどちらかというと術後の眼圧調整、感染症に注意を払う必要がありますので、術後日に2回こまめに眼圧を測ったり、目の周りの筋肉のマッサージを行ったりとケアが細かく行われます。

 

手術自体は1時間もかからないくらいのものですが、特に術後も注意しなくてはいけないということですね。

 

 

手術前の検査としては血液検査や心電図の検査になります。

 

もし白内障を合併してる場合には、白内障の手術も同時に行うことを勧められる場合も多いでしょう。

 

緑内障の手術の後に白内障が進行してしまうことも多いため、何度も手術を受けるよりも患者側の負担が少なくて済むというメリットもあります。

 

 

緑内障の場合、手術が終わっても病気が治ったというわけではありませんので、点眼薬や内服薬による治療はずっと続くものということを忘れないようにしましょう。

緑内障の総合情報

<スポンサードリンク>

緑内障の手術で必要な入院期間や入院日数を教えて!関連ページ

手術の成功率はどれくらい?!
緑内障の手術は、眼圧を下げるための手術を行います。ただ注意が必要な点としては、手術で緑内障が治るわけでも、視力や視野が回復するわけではありません。手術の成功率も緑内障の内容によって40〜80%となっています。
手術に伴うリスクを教えて!
緑内障の手術について注意すべきリスクには合併症があります。これは術中や術後に細菌が侵入することで重症になると失明するといわれています。また発生頻度は低いものの突然脈絡膜から出血を起こすリスクもあります。
手術の費用ってどれくらい?
緑内障の手術に掛かる費用はどれくらい必要なんでしょうか?レーザーを使った手術とレーザーを使わないで切開して行う手術とがあるので、その手術内容によって大きく異なってきます。
手術による副作用ってあるの?
緑内障の手術による副作用として考えられるとしたら、眼圧の低下、眼圧の上昇、白内障を合併していた場合は白内障の進行などでしょうか。ただ眼圧の上昇はほとんどの患者で起こることなので副作用とは言い難いかもしれません。
手術による後遺障害はある?!
緑内障の手術で後遺症が発生することはほとんどないと言われていますが、まれに起こる事故としては失明という可能性が全くないわけではありません。また後遺症ではないですが、細菌が侵入して発生する遅発性眼内炎も重症化すると失明の危険があります。
手術に必要な時間は?!
緑内障の手術に掛かる時間はどれくらいなのでしょうか?緑内障の手術は最近の手術の傾向と同じく日帰り手術が出てきています。実際の手術そのものに掛かる時間としては、およそ1時間程度だと言われています。
手術に伴う痛みはあるの?!
緑内障の手術は約1時間程度の手術ですが、麻酔を行って手術するので、通常であれば痛みを感じることはありませんが、まれに瞬間的な痛みを感じる人もいるようです。その場合、我慢は禁物で必ず医師に知らせる必要があります。
手術で受ける麻酔方法とは!
緑内障の手術には当たり前ですが麻酔が掛けられます。その方法は病院によって多少の違いはあるかもしれませんが、基本的には麻酔の注射を目に打つための麻酔が点眼され、その後麻酔を目に注射します。