緑内障 失明 確率

緑内障によって失明する確率ってどれくらいあるの?

緑内障と聞くと、失明の印象が強くあまりにもショックを受けてしまう人もいるかもしれませんが、現代の医学では完全に回復させることは出来ないとしても、早期発見出来れば失明の確率はそんなに高い病気ではないと言われています。

 

 

確かに日本人の失明においては緑内障が一番多い病気ですが、事故や他の病気による中途失明自体の確率が日本で0.14%程度と言われていますので、その中で緑内障による失明確率と言うと、おそらく0.03%くらいになると思われます。

 

確率はどう捉えるかでまったく違った話になってしまいますので、確率が高いとも低いとも言えませんが、緑内障になった、イコール失明だと考えるのはあまりにも間違っていると言えるでしょう。

 

 

確かに緑内障にも関わらず治療をせず長期に放置していれば、かなり失明に至る確率は上がります

 

でも発見して適切な治療を始めれば、視野の欠損はあっても失明に至るほどの確率はそう高いものではありません。

 

20年後、30年後の視野の確保のために治療を続けて、寿命をまっとうするまで視野を失わない治療はもうずっと進んでいます。

 

元の状態に回復させたり欠けた視野を取り戻すことは出来なくても、光を失う病気とは限らないのです。

 

 

緑内障の治療は眼圧を適切に下げていくことです。

 

眼科医によると、高血圧の治療に似ている部分があるとのこと。

 

高くなったり低くなったりするのは当然のこととして、高いままで固定されてしまうような生活をしないこと、薬で調整することをきちんと管理していけば、付き合っていける病気でもあるのです。

緑内障の総合情報

<スポンサードリンク>

緑内障によって失明する確率ってどれくらいあるの?関連ページ

最初は見え方に障害が出始める
緑内障の症状は、最初に見え方に障害が出るところから始まり、暗点といわれる箇所がどんどん拡がり、見えない範囲が広くなって見える部分が点になっていくイメージです。定期的な検査を受けて進行の防止に努めましょう。
突然のめまいは緑内障を疑え!
緑内障は自覚症状が現れるまでに時間が掛かるので、発見が遅れてしまうことが多いと言われています。急性の緑内障の場合、眼圧が一気に上昇することによって頭痛やめまいが突然現れます。その場合、失明の可能性があるので病院に行きましょう!
唐突な頭痛も症状のひとつです
急性緑内障は何らかの原因で一気に眼圧が上がることで視神経に障害が出る病気で、急激に発症し激しい頭痛などが現れます。ただ、唐突に思える症状ですが、発作前に目の痛みを感じたりするので、痛みを感じた時は検査を受けましょう!
チェックテストで確認してみよう!
緑内障の症状を自分で確認できるチェックテストがインターネット上などで公開されていますので、一度自分で調べてみましょう!もし当てはまるものがあるようであれば、眼科でちゃんと検査を受けた方が良いでしょう。
原因はストレスによるものなの?
ストレスが原因で緑内障になる人が増加傾向にあるという調査結果が出ていますが、眼圧には異常がないもののストレスによって視神経への血液循環が悪くなるために栄養が届かないことで正常眼圧緑内障になっているようです。
白内障と緑内障の違いは?
目の病気で症例が多い白内障と緑内障ですが、原因の違いとは何でしょうか?白内障はたんぱく質の変質で水晶体が白く濁ることに原因があり、緑内障は眼圧の上昇によって視野が視神経への伝達に障害が出ることに原因があります。