白内障 緑内障 原因

白内障と緑内障との原因の違いについて教えて!

目の病気として症例が多いのは、白内障と緑内障です。

 

白内障が起こる直接の原因は目の中の水晶体と言われるレンズが白く濁ることで、たんぱく質の変質だと言われています。

 

始まる人は40代から徐々に白い濁りが増えてきて、50代ですでにものが霞んで見えるという症状になります。

 

決して高齢になってから発症するとは限りませんので、働く世代から気をつけておく必要があります。

 

水晶体が濁ってしまうとそれを止めることは出来ません。

 

薬で食い止めることはできますが、進行を遅らせるだけのものと考えましょう。

 

濁ってしまった水晶体を人工のレンズと交換する手術をすることで視野は戻りますので、生活に不便を感じるタイミングで手術を行うことが望ましいです。

 

 

一方、緑内障の原因は、眼球の固さを一定に保つ機能になんらかの障害が出て、眼球が固くなることで視神経を圧迫し、目から入った情報を脳へ送る通信経路が障害されてしまうことが原因です。

 

こちらは白内障のように水晶体を交換すれば視野が戻るということもなく、一度失われた視野は戻ることはありません

 

日本の失明率が一番高い病気がこの緑内障ですので、非常に注意が必要な病気です。

 

 

緑内障の傾向は眼圧検査などでチェックされてきましたが、最近増えているのが眼圧が正常でも緑内障の症状が現れ出すという正常眼圧緑内障です。

 

これは自律神経のバランスの乱れが原因で、ストレスも大いに関係しているといいますので現代病とも言えるでしょう。

緑内障の総合情報

<スポンサードリンク>

白内障と緑内障との原因の違いについて教えて!関連ページ

最初は見え方に障害が出始める
緑内障の症状は、最初に見え方に障害が出るところから始まり、暗点といわれる箇所がどんどん拡がり、見えない範囲が広くなって見える部分が点になっていくイメージです。定期的な検査を受けて進行の防止に努めましょう。
突然のめまいは緑内障を疑え!
緑内障は自覚症状が現れるまでに時間が掛かるので、発見が遅れてしまうことが多いと言われています。急性の緑内障の場合、眼圧が一気に上昇することによって頭痛やめまいが突然現れます。その場合、失明の可能性があるので病院に行きましょう!
唐突な頭痛も症状のひとつです
急性緑内障は何らかの原因で一気に眼圧が上がることで視神経に障害が出る病気で、急激に発症し激しい頭痛などが現れます。ただ、唐突に思える症状ですが、発作前に目の痛みを感じたりするので、痛みを感じた時は検査を受けましょう!
チェックテストで確認してみよう!
緑内障の症状を自分で確認できるチェックテストがインターネット上などで公開されていますので、一度自分で調べてみましょう!もし当てはまるものがあるようであれば、眼科でちゃんと検査を受けた方が良いでしょう。
原因はストレスによるものなの?
ストレスが原因で緑内障になる人が増加傾向にあるという調査結果が出ていますが、眼圧には異常がないもののストレスによって視神経への血液循環が悪くなるために栄養が届かないことで正常眼圧緑内障になっているようです。
失明する確率ってどれくらい?
緑内障のイメージでは失明する印象が強いため、緑内障と診断されるとショックを受ける人がほとんだと思いますが、確かに回復させることはできないまでも、実は早期発見できると失明の確率は高くない病気だといわれています。