緑内障 症状 頭痛

緑内障の症状 唐突な頭痛も症状のひとつです

急性緑内障という病気があります。

 

これは何らかの原因で眼圧が一気に上昇し、視神経に障害をもたらす病気です。

 

緑内障は左右の眼球で別々に進行する病気ですが、急性緑内障の場合両目で同時に起こったり、片方の目から始まってもう片方でも症状が出る場合もあります。

 

急激に発症するのでなにごとかと思うような状態ですが、激しい目の痛み頭痛めまいが起きて急激に視力が落ちます。

 

吐き気が起きたり動悸が早くなって大量に汗をかいたりするため内臓系の病気かと思う人もいるでしょう。

 

急性緑内障、もしくは緑内障発作と呼ばれるように、唐突な発作に見舞われますのでおそらくそのまま病院へ駆け込む人も多いとは思いますが、ほとんどの人は内科へ駆け込むような症状です。

 

もし定期検診などで緑内障の傾向があると指摘を受けている場合には、緑内障でもこのような発作が起きるということを認識しておいたほうが治療が遅れずに済みますね。

 

 

ただ、この発作は非常に唐突に起きるように思いますが、何らかの事前信号を自覚していることも実は多いのです。

 

前日や発作前に目の痛みを感じていたり、ものが全体的に見えにくいという霧視という症状などが現れていた場合、発作前に眼科を訪れて検査を受けておくというのも有効な手段ですね。

 

また、もしそういった発作が起きた場合の対処法も眼科医に相談しておくと良いでしょう。

 

 

但し、頭痛や吐き気、目の痛みは緑内障ではなく重篤な脳の障害である場合もあります。

 

緑内障と決めつけるのもまた危険ですので、難しいことですが、あらゆる可能性を考える必要があります。

緑内障の総合情報

<スポンサードリンク>

緑内障の症状 唐突な頭痛も症状のひとつです関連ページ

最初は見え方に障害が出始める
緑内障の症状は、最初に見え方に障害が出るところから始まり、暗点といわれる箇所がどんどん拡がり、見えない範囲が広くなって見える部分が点になっていくイメージです。定期的な検査を受けて進行の防止に努めましょう。
突然のめまいは緑内障を疑え!
緑内障は自覚症状が現れるまでに時間が掛かるので、発見が遅れてしまうことが多いと言われています。急性の緑内障の場合、眼圧が一気に上昇することによって頭痛やめまいが突然現れます。その場合、失明の可能性があるので病院に行きましょう!
チェックテストで確認してみよう!
緑内障の症状を自分で確認できるチェックテストがインターネット上などで公開されていますので、一度自分で調べてみましょう!もし当てはまるものがあるようであれば、眼科でちゃんと検査を受けた方が良いでしょう。
原因はストレスによるものなの?
ストレスが原因で緑内障になる人が増加傾向にあるという調査結果が出ていますが、眼圧には異常がないもののストレスによって視神経への血液循環が悪くなるために栄養が届かないことで正常眼圧緑内障になっているようです。
白内障と緑内障の違いは?
目の病気で症例が多い白内障と緑内障ですが、原因の違いとは何でしょうか?白内障はたんぱく質の変質で水晶体が白く濁ることに原因があり、緑内障は眼圧の上昇によって視野が視神経への伝達に障害が出ることに原因があります。
失明する確率ってどれくらい?
緑内障のイメージでは失明する印象が強いため、緑内障と診断されるとショックを受ける人がほとんだと思いますが、確かに回復させることはできないまでも、実は早期発見できると失明の確率は高くない病気だといわれています。