緑内障 症状 見え方

緑内障の症状 最初は見え方に障害が出始めます

緑内障の症状はどのようなものでしょうか。

 

一番最初は、ものの見え方に多少の障害が出るところから始まります。

 

視野の中に一部見えない点が現れたり、見える範囲が狭くなったりするのが一般的ですが、実はこの症状が片目に起きてもなかなか全体の見え方として変化を感じにくいことから、気付きにくい症状でもあるのです。

 

 

ほんの初期症状では気付く人はほとんどいないと言われていて、障害が進行してようやく自覚した時にはすでにかなりの視野を失っているという場合もあるため細心の注意が必要です。

 

しかも無くした視野は現代の医学では取り戻すことが出来ないという実情があり、病気を一時的に食い止めたり、進行を少しでも遅らせるという治療手段しか存在しないのがこの緑内障を怖い病気としている原因なのです。

 

 

最初はほんの一部分の視野の欠落ですが、暗点と言われる見えない箇所がどんどん拡がり、そのうち見える範囲のほうが小さくなってしまいます

 

見えない点が面になり、そのうち見える部分が点になってしまうというイメージでしょうか。

 

できればこの最初の点の部分さえも出現する前に目の状態をコントロールするのが最良の防御策です。

 

 

定期的な眼底検査などを受けていれば、本人が見え方に何のトラブルも感じていないうちから眼圧の上昇を知ることが出来ますので、進行の防止に非常に役立ちます。

 

緑内障の検査は眼圧検査、隅角検査、眼底検査など多くの検査を必要としますが、的確に診断出来ればこれほど心強いものはありませんので、是非実施したいですね。

緑内障の総合情報

<スポンサードリンク>

緑内障の症状 最初は見え方に障害が出始めます関連ページ

突然のめまいは緑内障を疑え!
緑内障は自覚症状が現れるまでに時間が掛かるので、発見が遅れてしまうことが多いと言われています。急性の緑内障の場合、眼圧が一気に上昇することによって頭痛やめまいが突然現れます。その場合、失明の可能性があるので病院に行きましょう!
唐突な頭痛も症状のひとつです
急性緑内障は何らかの原因で一気に眼圧が上がることで視神経に障害が出る病気で、急激に発症し激しい頭痛などが現れます。ただ、唐突に思える症状ですが、発作前に目の痛みを感じたりするので、痛みを感じた時は検査を受けましょう!
チェックテストで確認してみよう!
緑内障の症状を自分で確認できるチェックテストがインターネット上などで公開されていますので、一度自分で調べてみましょう!もし当てはまるものがあるようであれば、眼科でちゃんと検査を受けた方が良いでしょう。
原因はストレスによるものなの?
ストレスが原因で緑内障になる人が増加傾向にあるという調査結果が出ていますが、眼圧には異常がないもののストレスによって視神経への血液循環が悪くなるために栄養が届かないことで正常眼圧緑内障になっているようです。
白内障と緑内障の違いは?
目の病気で症例が多い白内障と緑内障ですが、原因の違いとは何でしょうか?白内障はたんぱく質の変質で水晶体が白く濁ることに原因があり、緑内障は眼圧の上昇によって視野が視神経への伝達に障害が出ることに原因があります。
失明する確率ってどれくらい?
緑内障のイメージでは失明する印象が強いため、緑内障と診断されるとショックを受ける人がほとんだと思いますが、確かに回復させることはできないまでも、実は早期発見できると失明の確率は高くない病気だといわれています。