緑内障 症状 手術 目薬

緑内障とは?緑内障と白内障の違いって何?

緑内障(りょくないしょう)という病気があります。

 

これは、目から脳へ情報が送られる視神経に障害が起きることで視野が狭まる病気です。

 

但し、症状の現れ方が非常に遅いため、自分で違和感に気付くまでにかなり時間が経ってしまうという危険性があります。

 

おかしいな、と思った時にはすでにかなり病気が進行していたなどということのないように、定期的に目の検査を受けておく必要があります。

 

 

しかもこの緑内障は、厚生労働省研究班の調査によると日本の失明原因の第一位だと言います。

 

しかも日本緑内障学会の調査によると40歳以上の日本人では5.0%もの人がこの病気を持っているというデータもあり、そうすると40歳以上の日本人20人に1人が緑内障患者だという計算になります。

 

但し、40歳以上と言っても日本の場合は現在超高齢化社会ですから、統計の上では高齢者の割合が非常に高いという前提あっての話ではあります。

 

ただ、実際にそれだけの患者数が存在するというのは事実ですね。

 

 

緑内障と白内障は名称が似ているのですが、白内障は水晶体が白く濁ってきて視野が刷りガラスを通したように見えにくくなる病気です。

 

ただ、この水晶体を人工のレンズに交換する手術で視野は戻ります。

 

緑内障の場合は眼圧を一定に保つ働きが失われ、眼球自体が固くなることで視神経が障害され、次第に視野が欠けて行きついには視力すべてが失われてしまう病気です。

 

しかもこの進行を食い止めることは出来ませんし、一度失われてしまった視野は元に戻らないという怖い病気なのです。

 

 

なお、当サイトでは記載の内容について補償するものではありません。
緑内障の治療は専門医を受診されることをおすすめいたします。

緑内障の総合情報

<スポンサードリンク>